Heart Of Steel

買ったアルバムの感想を語る場

年間ベストアルバム

「メタルファンは、死ぬまでメタルファンなんだ。パーマネントに『あ~○○年の夏はSLAYERをよく聴いたよな~』みたいな聴き方をする奴は一人もいないよ」byロブ・ゾンビ

2019年ベストアルバム10枚+5枚

スクリーンショット 2020-01-05 17.51.35

あけましておめでとうございます。
今年も自分が行ったライブなどの記録をブログに残していきたいと思います。今年は行ったライブ全てを書くことを目標に・・・(去年は8月のANTHEM公演は書けずじまいでしたorz)

さて、2019年にリリースされたアルバムの中で10枚+5枚お気に入りのものを紹介して2020年もスタートしたいと考えています。2019年は音楽の聴き方の方法にサブスクリプションサービスを加えてみましたが(Spotify、mora qualitas)、アルバムを買わないと(基本CD)なんだか聴こうとするスイッチが入らないため、私の音楽の聴き方はやっぱりCDとCDをリッピングしてMac経由で聴く、ポータブルDAPに転送して聴くという従来のリスナーなんだなぁ・・と実感。オールドタイプの何が悪い!?、いや、今の時代だからこそ、音楽の聴き方の多様性はあってしかるべきかなぁと思っていますが、経済的・効率性は良くないよなぁ(^^;

まずは2019年にリリースされたアルバムでお気に入りの10枚をご紹介。
1番目のアルバム以外はアルファベット順での紹介です。


01.RIVAL SONS "Feral Roots"
rivalsons_feralroots
どれか1枚しか選べないとしたら、それはRIVAL SONSのこのアルバム!それぐらい推したいアルバム。
70年代回帰型バンドは数多くあれど、継続して活動を続けているバンドは以外と少ないと思うが、その中で、RIVAL SONSは順調に活動を続けこの5作目はとうとう、メジャーのAtlanticからのリリース。そして、グラミー賞のノミネート候補までに選出されたというオマケ付き。彼らの音楽性はLED ZEPPELIN+THE DOORSとよく言われるが、作品を重ねる度に引き出しが増えており、今作はよりメジャーなフィールドへのアピールできる普遍性も兼ね備えた内容となった。日本での認知度もっと、増えてほしいと切に願います。



02.ALCEST "Spiritual Instinct"
alcest_spiritualinstinct
今作からNuclear Blastへ移籍し、日本もワードレコーズから国内版がリリースされた関係もあり、メディアへの露出度が上がったことも関係しているのか、今までの中でもっともメジャー感がある(ALCESTにはしては、という意味)アルバムとなった。ALCESTらしさはそのままのため、従来のファンも納得の出来。今までライブで表現できていたダイナミズムさがアルバムでは弱くなってしまうところも、今作はドラムパートがより前に出てくるようになって、やっとライブでの良さがアルバムでも表現できるようになった。


 
03.CANDLEMASS "The Door To Doom"
candlemass_doortodoom
完全に活動休止になるのかと思いきや、1stアルバムのシンガー、ヨハン・ランキストが復帰して、アルバムワートアーク、アルバムタイトルからして原点回帰的な作品となった完全復活の狼煙を上げたアルバム。常にクォリティの高いSwedish Epic Doomメタルアルバムを作ってきて彼らだが、今作はその例に漏れず、更にヘヴィでドゥーミーでエピカルなアルバムのため、ファンならガッツポーズものの内容。CANDLEMASSもグラミーのメタル部門でノミネートされたが、この手のバンドがノミネートされるのはかなりビッグなニュースだと思う。


04.LEPROUS "Pitfalls"
leprous_pitfalls
今作で初めて聴いたバンドだったが、こんなにメジャーな音のバンドとは思わずビックリ!それから過去作も聴いてみたが、今作はブレイクスルーした感がある内容で、プログレメタルフィールドには収まらない、しいていえばプログ系とエレクトロ系がミックス感が絶妙で普遍的なメロディラインも多く兼ね備えている。プログ系の中で革新となるべきアルバムかもしれない。



05.OPETH "In Cauda Venenum" 
opeth_incaudaveneum
OPETH"Heritage"以降はデスメタル色を封印し(ライブでは過去の曲も演っている)、より70年代プログレ、ハードロック路線にシフトして行ったが、今作は"Heritage"以降の中でも集大成的な内容。相変わらずデスメタルな要素は皆無だが、アルバムの冷たい空気感はいつになく北欧的ダークさとヘヴィさがあり、こんな内容なら昔を懐かしむ必要性は感じないかもしれない。でも、歴史あるバンドだから昔のスタイルもいつかやってほしかったり・・と思ったりするのは仕方ないところだろうか。。



06.OVERKILL "The Wings Of War"
overkill_wingsofwar
過去2作は良くもなく、かといって悪くもなく、煮え切らない内容だったが、今作は非常に締まりがある内容でリフのかっこよさとキレの良さが段違い!ドラムが今作よりSHADOWS FALLジェイソン・ビッドナーに変更となり、ドラムのキレっぷりがパワーアップ。久々に爽快なOVERKILL流スラッシュメタルが堪能できる。



07.PHIL LANZON "48 Seconds"
phillanzon_48seconds
URIAH HEEPのキーボーディストの2ndソロアルバム。今作もIT BITESジョン・ミッチェルなどが参加してのボーカルオリエンテッドな1枚。とつてもメロディックというわけではなく、かといったハードロック過ぎず、THE BEATLES由来のポップさもあり、と絶妙なバランスな内容は前作にも引き続き。フック満載の楽曲で単なるキーボーディストのソロアルバムとは思ってはいけない。




08. ROBERT PEHRSSON'S HUMBUCKER "Out Of The Dark"
robertpehrssonshumbucker_outofthedark
IMPERIAL STATE ELECTRICのギタリストのソロプロジェクト3作目。今作はモロRAINBOWな曲があったりとオッ!と思わせる内容が前作より高い。爆走ロックながらも本家バンドよりも高い哀愁度合いとTHIN LIZZYに通じるギタープレイで一気に聴かせる勢いと魅力が満載。




09.ROSALIE CUNNINGHAM "Rosalie Cunningham"
rosaliecunningham_rosaliecunningham
PURSONの解散は70年代回帰型ロック好きにとっては非常に残念なニュースだったが、中心人物であるロザリー・カニンガム嬢の初めてのソロアルバムはそれを埋めるべく充実した内容で、やはり彼女=PURSONだったと認識した一枚。PURSONよりサイケ感とマジカル感があり、PURSON亡き後はソロとして頑張ってほしい!


10.TOOL "Fear Incoculum"
tool_fearinoculum
13年振りとなるアルバムは動画再生ディスプレイも備えた驚愕パッケージ仕様でファンを驚かせたが、内容はTOOLらしい内容で楽曲的には大きな冒険はしていない印象を受ける。しかし、細部に神は宿るという通り、細かいアレンジなどをじっくりと聴けば変化を感じることができる。リズム隊の気持ち良さは神レベル。わかりやすさ度合いで言えば前作"10,000 Days"に分があると思うが、アレンジや楽曲の展開の妙は時間をかけた分(かけ過ぎた?w)だけ、充実していると思う。




以上10枚を選びましたが、もう5枚ほど追加でご紹介(笑)

11.FIRST SIGNAL "Line Of Fire"
firstsignal_lineoffire
FRONTIERSレーベルお得意の「あなた達がメロディックな曲書かないなら俺たちが書いた曲を歌ってよ!」のハリー・ヘス版プロジェクト3作目。まあ、ハリーはHAREM SCAREMがあるから、需要がそれほどあるのかわからないが、FIRST SIGNALはもっとAOR寄りなスタイルを歌うハリー・ヘスが堪能できる。彼がどの程度歌メロに関与したのかはわからないが、歌メロの良さはこの手の企画の中で一つ飛び抜けていると思う。




12.Suchmos "The Anymal"
suchmos_anymal

Suchmosは日本の音楽番組に出てくるタイプのバンドとばかり思っていたが、このアルバムは完全にサイケデリック・ロック。ノリの良い楽曲は皆無で、一般受けは悪いと思うが、洋楽ロックの中でも70年代ごろのものが好きな人であれば大いにアピールできる要素が満載。サイケ感は後期THE BEATLESに通じる内容でこんなにもスタイルを変えて大丈夫か?と思うが(笑)個人的にはとっても好みである。




13.坂本真綾 "今日だけの音楽"
坂本真綾_今日だけの音楽
シングルカットの曲はなく、全て純然たる新曲だけで固めたアルバムで邦楽勢では珍しい?構成かもしれない。バラエティ豊かな楽曲で楽器陣がフィーチャーされている曲もあるが、坂本真綾の清涼感溢れつつも軸がしっかりとした歌声はアルバムをビシッ!と締めているのはさすが。歳を重ねてますますその歌声は説得力を増している。




14.SANTANA "Africa Speaks"
santana_africaspeaks
SANTANAの新作はスペイン人シンガー、ブイカをフィーチャーしたアルバムで、基本的にはほぼスペイン語の歌。楽曲的には特にメロディラインがハッキリしているわけではないが、ブイカの非常にパワフルでこぶしが効いた歌声の迫力に圧倒される。それに呼応しているのかカルロス・サンタナのギターもうるさいぐらいに弾きまくり、この二人の熱量だけでお腹いっぱい。でも、本来のSANTANAってこうだよね!




15.THE DARKNESS "Easter Is Cancelled"
darkness_easteriscancelled
 なかなか凄いアルバムタイトルだが(笑)バンド初のコンセプトアルバムということで、今作はストレートに乗れる楽曲は少ないながらも凝った展開とギターリフでこのバンドの新基軸を見せてくれた。ある意味プログレッシブな曲があったりと、まだまだ引き出しを多く持っているバンドと認識。

 

以上、追加の5枚でしたが、他に良く聴いたのは以下のアルバムで気分によっては先程の5枚と入れ替わる内容ですが、敢えて書いておきたかったの追加5枚でした。各アルバム名にSpotifyのリンクを貼っておきます。(RAZOR HIGHWAYだけAmazonのリンク)

ALAN PARSONS "The Secret" 

2018年ベストアルバム10枚+α

スクリーンショット 2019-01-06 1.51.44
スクリーンショット 2019-01-06 1.52.01

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
観に行ったライブに関しては全てブログに書くつもりで今までやってきましたが、昨年のMARILLION、Perfume、KING CRIMSONのライブにはついてとうとう書く暇が無く、2019年を迎えてしまいました(笑)
どこかで書けるといいなぁ、と弱気ですが、無理なくやっていこうと思いますw
まずは2018年を振り返るべく昨年リリースされた新譜の中で個人的にお気入り10枚と更に10枚という形で紹介。
順位は意味はなく、なんとなくリリース順です。


01.JUDAS PRIEST "Firepower"
judaspriest_firepower
ロブ・ハルフォード再加入後の中で最も強力な一枚。British Steel〜Screaming For Veageance前辺りの美味しいところを2018年バージョンにまとめ上げたようなサウンドで、今までと比べてリミッターを振り切るか如くのパワーがある。このアルバムリリース後にグレン・ティプトンがパーキンソン病でツアー不参加という衝撃の事実が公表されたが、まだまだプリーストは続けるぜ!という気概も感じられる一枚。
 


02. AMORPHIS "Queen Of Time"
amorphis_queenoftime
常にクォリティの高いアルバムを作り続けているAMORPHISだが、今回もその例に漏れず。オーケストラやクワイアなどを積極的に使い多様性があるサウンドが今までとはちょっと違うが、フック満載の曲をこうも作り続けるって、凄いなぁ。。
 


03.GHOST "Prequelle"
ghost_prequelle
今までとサウンド面を大きく変え、80年代のシアトリカルHR/HMへのアプローチを強めた一枚。サウンド面のみらずキャラ設定やビジュアル面も大きく変えて離れたファンもいるかもしれないが、それ以上に新しいファンを獲得したのはアルバムリリース後の活動からも見てとれるんじゃないでしょうか。もはや、現代のALICE COOPERといえるかも・・・。



04.SUBSIGNAL "La Muerta"
subsignal_lamuerta
ドイツのプログレ系メタルバンドの5枚目。DREAM THEATERばりのメロディセンス溢れる音楽性だが、DTフォロワーの中ではそのメロディは際立っているかも。音質も非常に素晴らしく、後は足りないのは非常に地味なルックスだけかもしれない(笑)
 


05.KHEMMIS "Desolation"
khemmis_desolation
MASTODONのフォロワーっぽい感じだったがプリーストといった正統派メタルのTシャツを着ているアー写からも今作は正統派メタルへのアプローチを強めて、メタルとしてのカッコよさがパワーアップ。疾走曲は無いが、ジワジワと来る良さは今作も健在。



06.DEAFHEAVEN "Ordinary Corrupt Human Love"
deafheaven_ordinarycorrupthumanlove
アメリカのシューゲイザー・ブラックメタルと言い切っていいのかわからないが、彼らの4枚目。アメリカ産ならではのカラッとしてジメジメ度合いは希薄で、キャッチーな面も増えたりと全方位に向けてアピールしている。その絶妙なバランス感覚は個人的に好きだけど、あざといとも感じる(笑)



07.THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA "Sometimes The World Ain't Enough"
nightflightorchestra_sometimes the world ain't enough
前作でサウンドがAOR路線と明確化になったが今作は更にディスコ風味を入れ、ますます80年代サウンドに磨きがかかった一枚。他の北欧メロハー系バンドにないブラックなフィーリングがこのバンドの特徴。SOILWORKのビヨーンはこっちがメインになりつつある?(笑)



08. URIAH HEEP "Living The Dream"
uriahheep_livingthedream
超ベテラン英国HRバンドの新作。円熟味というより、未だ馬力のあるパワフルなハードロックサウンドで下手なメタル系バンドよりよっぽどアグレッシブである。パワーだけでなく緩急ある楽曲も魅力的。



09.UNCLE ACID & THE DEADBEATS "Wasteland"
uncleacid_wasteland
サイケ・ドゥームの色合いはそのままで、正統派メタルの色合いも強まった今作。初期メイデンっぽい曲もあって、彼らの中では最も聞きやすいと思う。よい意味でキャッチーさが再び戻ってきた。



10.VOIVOD "The Wake"
voivod_thewake
新編成となってから初のフルレンスアルバム。ベテランでも未だこんなに強力なアルバムができるんだとビックリ。VOIVODらしさはそのままに更にナチュラルな音像がライブ感を増して強力となった感が。

続きを読む

2017年ベストアルバム10枚+α


37

2017年ももうすぐ終わるということで、今年リリースされたアルバムの中で個人的お気に入りな10枚+αをご紹介。掲載順はうろ覚えではあるが、リリース順で。あと、ライブアルバムは対象外とします。↑は候補のアルバム達。


01.KREATOR "Gods Of Violence"
kreator_godsofviolence

メロディックなギターソロの比重が増えた今作だが、アグレッション、ブルータリティ、リフワーク、どれもが高次元で昇華されている。少しARCH ENEMYと方向性が似ているかもしれないが、KREATORはもはや孤高の存在と言っていいかも。スケール感が増したサウンドは大きなステージが一番似合うと思うので次回の来日はせめてクラブチッタクラスでお願いしたい。
 



02.BLACK STAR RIDERS "Heavy Fire"
blackstarriders_heavyfire
THIN LIZZYの何ちゃら・・という言葉はもう適切でない、現THIN LIZZYメンバーを中心にオリジナル曲をやるということで結成したバンドの3枚目。現在のライブでもTHIN LIZZYナンバーは2曲程度ということが示しているように、THIN LIZZYの音楽性は継承しつつも、独自のエッセンスをまぶしながら、更に独自性が高くなった今作は楽曲の質が最も充実していると思う。



03.MASTODON "Emperor Of Sand"
mastodon emperor of sand
過去2作はそれまでの反動からかシンプルさに比重を置いた感があったが、今作は長編曲が復活したり、元々内包していたプログレッシブロックの要素が復活。でも、きちんと過去2作で目立った歌メロの充実っぷりも反映されているので、また一段と突き抜けた作品になったと思う。



04.ANATHEMA "The Optimist"
anathema_optimist
前作のエレクトロニックな要素はスパイスとして残しつつ、ANATHEMAならでは空気感が満載で、更に進化した今作。コンセプトアルバムで、どの曲もストーリーの情景を思わず頭に描いてしまう。



05.STONE SOUR "Hydrograd"
stone sour hydrograd
よりアリーナメタル・ロックな方向にシフトしている今作。コリィ・テイラーのボーカルワーク含めてバラエティ豊かな内容となっているのでボートラ含めて全17曲というボリュームでも一気に聴いてしまう力がある。新加入ギタリストも見た目とは裏腹に80年代的なギターソロを弾くので、その辺もアリーナメタルの要素を強く感じたのかも。



06.LINDSEY BUCKINGHAM & CHRISTINE McVIE "Lindsey Buckingham & Christine McVie"
lindsey buckingham christine mcvie
バックもFLEETWOOD MACのミック・フリートウッドとジョン・マカヴィーがいるので、スティーヴィー・ニックス抜きのFLEETWOOD MACと言っても差し支えない(笑)リンジーとクリスティンのデュオ名義作。二人の良い所が全開で、フレッシュな印象を与える楽曲の充実っぷりに、まだまだソングライターとして衰えは無し!




07.THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA "Amber Galctic"
nightflightorchestra_ambergalactic
SOILWORK、ARCH ENEMYといった北欧エクストリームメタル勢のメンバーが集まってAORをやるという異色バンドの3作目。前作はまだ70年代ハードロックの要素が強かったが今作はもっとTOTOを中心としたAORの作風が前面に。北欧勢にありがちなボーカルの発音の甘さや、R&Bの要素が皆無なところが無いのがポイント。ミック・ジャガーの"Just Another Night"のカバーは原曲の雰囲気を再現しているところが、象徴的かもしれない。



08.STEVEN WILSON "To The Bone"
stevenwilson_tothebone
K-SCOPEレーベルから移籍したので、サウンドに大きな変化があると思ったら、意外とそうでもなかった。しかし、よくよく聴いてみるとコンテンポラリーな要素を前面に出しつつ、従来のSTEVEN WILSON流プログレッシブロックは健在!サウンドの刺々しさは減ってマイルドな口当たりとなった分、更にファン層が拡大してくれたかな・・・?



09.ARCH ENEMY "Will To Power"
archenemy_willtopower
ジェフ・ルーミズ加入後初のアルバム。と言ってもWining team never changeの方針からなのかマイケル・アモットとダニエル・アーランドソンが中心となって曲作り。それが正しかったことを証明するかの如く、楽曲の充実差は傑作だった前作War Eternalに負けず劣らず。今作は例えばアリッサのクリーンボーカルをこのバンドでも入れたりと、より多様な音楽アプローチが目立っている。次作はジェフ・ルーミズも作曲作りに入ってもらい、更に高みを目指してほしい。NEVERMOREが復活することはもう無いだから、余計にそんな想いが。


10.TRIVIUM "The Sin And The Sentence"
trivium_thesinandthesentence
前作の"Silence In The Snow"で遠回り感があったが、今作はそこで培った歌メロの充実っぷりを昇華しつつ、TRIVIUMらしいアグレッションが復活。更にブラックメタルな音楽アプローチも入れつつ、非常に凝った曲展開が特徴。凝っているけど、耳に残るフックが沢山あり、前作は決して無駄ではなかった。新加入ドラマーの叩きっぷりと細かいテクニックにスパパッ!と抜けが良いサウンドも相まって聴いていて非常に気持ちいい。


というわけで、以上10枚でしたが、更に2作も入れたいのでご紹介。今年の後半はベテラン勢のアルバムが沢山リリースされたけど、どれも良い内容で安定している。しかし、何か物足りない・・・そんな中、アルバムを聴いて応援したい!、繰り返し聴きたい!と思ったアルバムが日本から登場。


11.LOVEBITES "Awakening From Abyss"
lovebites awakening from abyss
女性オンリーの正統派メタルバンドで歌詞は全て英語歌詞。敢えて日本的な要素と言えるアニソン系、アイドル系、和風系、J-POP系の要素は無く、メタル直球勝負!そして、何よりも楽曲が良い!女性云々というは抜きにしてもタフでスリリングな曲は素晴らしい。歌詞と歌メロが練り過ぎ感があるけど、今後の活動は期待大ですねー。


12.SILEX "Arise"
silex_arise
日本の実力派プレイヤー達にカナダのピート・クラッセンが加入してのこちらも正統派メタルバンドのデビューアルバム。ネオクラシカル系のギターだが、曲によってはメロハーだったり、メロディに趣きを置き、そこにピートのハイトーンボーカルが映える。こちらも楽曲の良さが素晴らしく、緩急入った展開とアレンジ力は既に経験豊かなメンバーならでは。



というわけで今年の後半は新しくデビューした日本のバンドで2枚強力なものがリリースされ、今後の活動が楽しみ。今年はベテランばっかり聴いていると・・・と思っただけにしかも日本のバンドでこういったインターナショナルな活動が期待できそうなバンドが出て来るのは嬉しいところ。

あと、10枚+αには入れてないけど、ROGER WATERS"Is This The Life We Really Want?"は歌詞だったりロジャーの言いたいことを読み解こうとして、かなり聞き込みした想い出が。最後は疲れてしまったのでその反動で、今は全く聴いていませんが(笑)また聴いてみようかなー。来日はやっぱり無しなんですかねー。。。


プロフィール

sekibow

熱苦しいハードロック、ヘヴィメタル、スラッシュメタル、ドゥーム・ストーナー系メタル、プログレ、そして70年代〜80年代のウエストコースト系ロックを愛するパフュメタラー。Sign of the Hammer Be My Guide

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ