IMG_7516


DEEP PURPLE、RAINBOW、WHITESNAKE、BLACK SABBATH、DIO、IRON MAIDEN
等、数え切れないほどのハードロックの名盤に深く関わっていた音楽プロデューサー、マーティン・バーチが先日亡くなったニュースが流れた。


71歳という年齢で亡くなったことに驚きが。経歴からしてもっと歳を取っている人というイメージがあったけど、多くの人もそう思っていた模様。計算するとDEEP PURPLE"In Rock"の時はまだ22歳だったとは!!IRON MAIDENの1992年作品"Fear Of The Dark"を最後に音楽プロデューサー業を引退したと聞いていたけど、その時でもまだ40代半場。彼が引退してからHR/HMを聴き始めたので、リアルタイムでマーティン・バーチが関わった作品を追ったという経験が無かったためか、彼が亡くなったニュースはどこか遠い世界の話にも思えるが、彼がいなかったら、今のHR/HMシーンも大きく違っていたと思う。

彼の手掛けた作品をWikipediaで見ていたら、ほとんどが英国アーティストだが、その中で数少ないアメリカのバンドがあった。それはBLUE OYSTER CULT。バンドの歴史的にはちょうど80年代に差し掛かろうとしたところでよりポップな路線を模索していた時。1979年の"Mirrors"がポップになり過ぎて、その振り戻しとしてマーティン・バーチをプロデューサーに迎えて"Cultösaurus Erectus""Fire Of Unknowon Origin"をリリースしたという流れでいいのかな?


少し話を変えるが、BLUE OYSER CULT(以下BOC)を最初に知ったのはどこだったか・・・。おそらくBurrn!誌だと思うが、そこでアルバムのディスコグラフィーが掲載されていて一番記憶に残ったのは"Fire Of Unknown Origin"だったと思う。魔女達なのか邪教の司祭達なのかは不明だが、異様な集団がズラッーと並んでいるそのジャケのインパクトは絶大で、BOCはとってもEvilなバンドと思ったほど。その後、2001年に国内版紙ジャケ盤がリリースされたので買って聴いてみたら意外と普通な音だと気付いたが(笑)でも、THE DOORSに通じるカラッとしていてもどこか漂う不気味さは魅力的だった。

今年になって、レコードプレーヤーを買ってレコードを色々と買っているが、Epic、Columbia関連のアナログ再発専門のMusic On Vinylというレーベルは良質なリイシュー作品を多く出していることを知り、7月にこのBOC"Fire Of Unknown Origin"も再発されていた。
BOCは1978年のライブアルバム"Some Enchanted Evening"以降はチェックしていなかったが、このニュースを聞き、BOCを最初に知ったときにあのジャケのインパクトを思い出して速攻でオーダー。

水色に施された盤とあのジャケはレコードだと更に大きなインパクトがある。
手元に持って水色のジェルのようなものはなんだろう?(笑)
IMG_7583

IMG_7585


1980年の作品らしく、当時よくあるタイプのキーボード音が入るキャッチーなタイトル曲"Fire Of Unknown Origin"からヒットした"Burnin' For You"といい、確かにそれまでのBOCと比べるとかなりキャッチーでポップだ。でも、その2曲だけ飛び抜けてキャッチーで他の曲は後追いで聴いている身としては十分BOCらしいサウンドだと思う。そして、底抜けに明るいわけでもなく、ヘヴィになり過ぎず、そこまでカビ臭いわけでもない、その辺のバランス加減が魅力だと思う。そのバランスの良さはやはり、マーティン・バーチのおかげなんだろうか?
Music On Vinyl盤、おそらく2012年リマスター盤の音と思われるが、各楽器の分厚く鳴り響き、迫力があるサウンドだと思う。ちっともポップな音作りではなく十分「ヘヴィ」である。アナログ盤だと、よりその傾向が強いので、このアルバムの魅力を120%楽しむにはもってこい。水色のレコード盤はジャケットとマッチしているので、所有欲もバッチリだ(笑)






Fire of Unknown.. -Clrd- [Analog]
Blue Oyster Cult
Music on Vinyl
2020-07-10