IMG_4013

長年聴き続けているのに、意外とライブに行ったことが無いアーティストは色々あるが、NIGHT RANGERはその一つ。単純に今までタイミングが合わなかっただけ、ということはあるが、今回のツアーはなんと、1stアルバム"Dawn Patrol"と2ndアルバム"Midnight Madness"の再現という内容じゃないですかー!NIGHT RANGERの旨味はこの2枚のアルバムに集中していると言ったら大袈裟かもしれないが、それだけのマスターピースなアルバムであることはファンなら誰でも知っている。
東京は追加公演含めて3公演だったが、全てソールアウト。今回のツアーに対する期待度はおそらく今までとは桁違いということがよくわかる。

私は東京公演最終日の昭和女子大人見記念公会堂二日目に行ってきた。ここの会場に来たのは2回目。前回はBAD COMPANYだったけど、あれはもう10年ぐらい前だったかな?
IMG_4016

IMG_4019

2階席もぎっしりと入っており、80'sハードロックの楽曲が開演前に鳴り響いているもんだから一部のファンはこの時点でかなり盛り上がっている。
場内が暗転し、1曲目は客を焦らすかのようなタメから当然"Don't Tell Me You Love Me"で始まり、いきなりこの超キラーソングから始まる構成は反則だ(笑)そこからアルバム通りに"Sing Me Away"に続く流れもこれまた反則である(笑)名曲ぞろいの1stアルバムの中でもやっぱりライブの定番である"Eddie's Comin' Out Tonight"はハイライトの一つ。ブラッド・ギルスの豪快なアーミングが光る曲だが、ライブもここから更にブーストアップされたような気がする。
名曲なのに、ライブではなかなか演ってくれない曲が結構あると思うNIGHT RANGERだが、個人的にこのバンドのライブは初めてだけど、"Penny"が聴けて感激!!1stアルバムの中で特に好きな曲なので、聴けてガッツポーズもんでした。1stアルバム完全再現の最後は当然"Night Ranger"だが、アルバムだと少し地味に感じていた曲もライブだと、こんなにライブで盛り上がる曲だったのか!!と驚き。

それにしても、メンバーはのっけからエンジンフルスロットル状態で、弦楽器の3人はステージを縦横無尽に動き回っている。ジャック・ブレイズは65歳って、ホントかよー!?というぐらい声もまだまだキープしているし、休むことなくステージを動き回る姿は本当に凄い。
IMG_5863

IMG_5921

IMG_5939

ドラムのケリー・ケーギーはジャックより更に年上の67歳って、これまた信じられないぐらいドラムはパワフルでタイトだし、あのハスキーなボーカルに衰えは無いように見える。当然ながら歌いながら叩いているし・・・。
IMG_5882

ブラッド・ギルスは顔で弾くタイプ。いたずらっぽくニヤァ〜としながら客を見つめる姿が印象的。ギタープレイはさすがギターヒーローのことだけはあって、どんなプレイもハイライト。手元ばかり見ずに客席にアイコンタクトを送りながら弾いている姿はさすがだった。
IMG_5852

IMG_5931

IMG_6004

そのブラッド・ギルスとコンビを組むもうひとりのギタリストである、ケリ・ケリーは見た目はいかにもLA系ロッカーという感じだが、ブラッドとのコンビネーションもバッチリ。ジェフ・ワトソンのパートもキッチリと弾くなど、見た目以上にテクニカルなことも得意。ティム・リッパー・オーウェンスらと組んだ自身のバンド、A NEW REVENGEでは曲作りの中心でもソングライターとしても優秀なところを見せているので、NIGHT RANGERでもそれを発揮してほしいかな・・・?
IMG_5887

IMG_5912

IMG_6059

エネミーズ&ラヴァーズ
ア・ニュー・リヴェンジ
キングレコード
2019-03-20


話をライブに戻すと、来日経験豊富なメンバーだからこそ、他の洋楽バンドと比べてMCもたっぷり(笑)ジャックがメンバー一人ひとりに日本での思い出を聞いていくところがあったが、ブラッドは「女の子とも思い出はそうだなぁ、これ以上は言えないなぁ〜( ̄ー ̄)ニヤリ」とエロそうな笑顔で答えていたのが印象的だった(笑)それにしてもジャックはよく喋りますねw話の中心はやっぱりブラッド、ケリーのオリジナル3人組だった。


1st完全再現が終わったら、2ndアルバムも曲順通り進むのかと思ったら、特に休憩らしい休憩はなく、ジャックのMCから出たのはなんと、"Touch Of Madness"!そして、"Rumours In The Air"という流れ。ムムムッ!前日のセトリは少し見ていたけど、1stと2ndもアルバム順通りにライブは進んでいたのに、この日は流れを大きく変えてきた!楽曲の洗練度は1stを大きく超える2ndアルバムからの曲連発は痺れるものがあるけど、ライブに相応しい曲順で更に大盛りあがり!個人的には最も聴きたかった"Passion Play""Why Does Love Have To Change"が連続で続いたことに大興奮!!!
アルバムの最後を締めくくる"Let Him Run"は途中で披露され、アルバム1曲目の"(You Can Still) Rock In Ameria"は本編の最後を締める構成となっていたが、ライブとしてはこれが正解だと思う。その前の曲が"When You Close Your Eyes"って、最高じゃないか。

IMG_5986

IMG_5995


IMG_6013

IMG_6026

そういえば、Midnight Madnessコーナーではあのバラードを演っていないぞ!と気づいたが、それはアンコールでキッチリと歌われた。アンコール1曲目は"Sister Christian"。場内はスマホのライトで見事にライトアップされて、更に感動的な雰囲気。ケリーのハスキーボーカルが特に映える曲でケリーもこの時はボーカリスト・ケリーとして前に出てきて熱唱。

IMG_6037

IMG_6043

IMG_6045

IMG_6074

IMG_6092

アンコールは各公演で曲の入れ替えが行われた模様だが、この日は新しめの曲である"High Road"から、Midnight Madnessからまだこの曲を演っていない!というわけで"Sentimental Street"。アンコールはケリーの独壇場か!?(笑)歳関係なく力強く歌われるハスキーボイスのバラードは最高です。

IMG_6098

IMG_6103

そして、ここまでの流れで出番がなかった4thアルバムから"The Secret Of My Success"。そして、次はなんと、"Big Life"が披露されるというサプライズっぷり。NIGHT RANGERライブ初めてのワタシが言うのもアレですが、"Big Life"はかなりレアな選曲では!?ライブ最後は"Goodbye"で少々湿っぽく締められたが、どの曲も思わず自然と笑みが出てしまうほど、楽しいライブだった。そりゃ、こんな構成のライブは言うことないっしょ!

オリジナルメンバーの3人は60歳を超えているが(そのうち二人は四捨五入すると70歳だし!)、歳を感じさせないハイパーっぷりに、やっと彼らのライブを体験できたが、まだ十分に間に合った感があると思った。しかし、初NIGHT RANGERライブがこんな内容だと次回のハードルは思いっきり上がってしまうなー(笑)次は3rdアルバムからの曲を沢山聴きたいな。

IMG_6132



Setlist

01.Don't Tell Me You Love Me
02.Sing Me Away
03.At Night She Sleeps
04.Call My Name
05.Eddie's Comin' Out Tonight
06.Can't Find Me A Thrill
07.Young Girl In Love
08.Play Rough
09.Penny
10.Night Ranger

11.Touch Of Madness
12.Rumours In The Air
13.Chippin' Away
14.Let Him Run
15.Passion Play
16.Why Does Love Have To Change
17.When You Close Your Eyes
18.(You Can Still) Rock In America

〜Encore〜

19.Sister Christian
20.High Road
21.Sentimental Street
22.The Secret Of My Success
23.Big Life
24.Goodbye