Heart Of Steel

買ったアルバムの感想を語る場

2019年03月

「メタルファンは、死ぬまでメタルファンなんだ。パーマネントに『あ~○○年の夏はSLAYERをよく聴いたよな~』みたいな聴き方をする奴は一人もいないよ」byロブ・ゾンビ

【ライブレポ】DOWNLOAD JAPAN2019 Part2@幕張メッセ 2019.3.21


IMG_0912

Part1はこちら

今回のDOWNLOAD JAPANの大本命はGHOST!その前のANTHRAXのライブ中にTEARSステージ前方へ移動。そのため、ANTHRAXは遠目から鑑賞。きっと前で観ていたら大いに盛り上がってしまうタイトなライブでとっても良い内容だったと思う。なかなか単独公演が無くて日本だとフェスや前座で出演が続いているのが勿体ない。。
IMG_5187

ANTHRAX Setlist
01.Caught In A Mosh
02.Got The TIme (JOE JACKSON cover)
03.Madhouse
04.Fight 'Em 'Til You Can't
05.I Am The Law
06.Be All, End All
07.Evil Twin
08.Antisocial (TRUST cover)
09.Indians




さて、ここで初めて一般チケットでステージ前方まで行ってみたが、VIPチケット専用エリアが想像以上に広いことを知る。このフェスはVIPチケットが無い限りステージの最前には行けない仕組みなっているが、ここまで広いエリアとは。。高い金を払った分の付加価値としては当然だが、うーん、なんだかモヤモヤとしたものが。
IMG_0899
 

GHOSTのステージは立体的な構造をしており、出演時間が近づくに連れ観客も増えてきた!

イントロSEに"Ashes"が鳴り響く中、Nameless Ghouls名無しのグール達)がバラバラと出てきて、最後に出てきたー!コピア枢機卿!!!
もちろん演奏されるのは"Rats"。様子見の観客が多かった前回来日した際のサマソニとは違って1曲目から観客も熱い反応。サビのRats! Wow〜wowの掛け合いもバッチリ。

パパ・エメリトゥス3世と違って身軽となったコピア枢機卿の動きは軽やか。腰もクネクネと振ったりとセクシーな動きもあるが動作の一つ一つがエレガント(笑)そんなエレガントさもありながら、客をロックな口調で煽ったりと多面性もある。パパ・エメリトゥス3世は終始落ち着いた口調だったから、かなり年季が入ったミュージシャンかと思っていたw
IMG_5291

IMG_5206
 
IMG_5244
 
音を詰め込むバンドが多い中、GHOSTは良い意味で音の隙間があり、そのナチュラルなトーンはどこか安心するサウンド。しかし、音の芯はぶっといサウンドなので軽さは無い。
今回ギター3人、キーボードも2人いるという贅沢な編成。

前回の来日から5年もかかってしまい申し訳ないとMCで言っていたが、パパ・エメリトゥス3世コピア枢機卿は別人という設定では!?(笑)そんなユルイところも最高である。

ライブは3rdの"Meliora"と新譜"Prequelle"の曲が中心に構成されたセットリスト。GHOSTの最高傑作を1stアルバムの"Opus Eponymous"を推す人も多いが、1stからの曲はやはり他と魅力が違う。今回のライブでは”Ritual”のみだったがもっと1stからも聴きたかったなー。

さて、GHOSTのライブはコピア枢機卿だけでなく、バックの名無しのNameless Ghoulsにも見せ場は沢山ある!彼らの衣装も身軽になった分、動きも多くなり、各人の個性がより強く出ているのは面白いところ。
IMG_0915

IMG_5254
Ghouls達の中でも目立っていたのはギター担当。ほとんどのギターソロは彼が担当。
 
IMG_5263
 
マスクの形状が男女で異なるが、キーボード担当は女性のGhoulsの模様。曲によってはショルキーで場を大いに盛り上げてくる。
IMG_5280


IMG_0941
 コーラス兼キーボードの女性Ghoulsは一人だけぽっちゃりさん。他はスリム

そんな彼らの最大の見せ場はインスト曲の"Miasma"。段々と熱を帯びていく演奏と曲の展開が熱い!終盤のサックスは誰が吹くのかと思ったら、こ、これは誰だ!?
IMG_0917

パパ・エメリトゥス0世のようでした。彼はこの1曲のためだけに来ているのだろうか??現地調達ミュージシャンだったりするのかなーw

ライブはこのインスト曲を経て更にヒートアップ!2ndからの"Year Zero"、3rdからの"Mummy Dust"GHOSTの中でも最もヘヴィメタルしているナンバーでヘドバンするにはもってこい。
そんなメタルな曲から虹色の照明が特徴的で最もダンサブルな"Dance Macabre"への流れは不思議と違和感が無い。
サビの"Just wanna be、Wanna bewitch you in the moonlight"はちょうど満月ということもあってより臨場感が出る!(まあ、満月と気づいたのはフェスが終わった後でしたがw)
ちなみにこの曲は黒死病に関連した歌詞だったのかー。GHOSTの歌詞世界は読み解くといろいろと発見がありそう。

IMG_5289

最後はミニアルバム"Popestar"から"Square Hammer"で締め!
個人的には"Monstrance Clock"でサビを大合唱してから締めてほしかったなぁ。前回のサマソニでは浸透度合いが低かったからそこまで大合唱は起きなかったので。"Monstrance Clock"は単独公演だと一番最後にやっている模様なんで次こそは単独公演を!!

サマソニの時と比べても今回のGHOSTライブは大盛り上がりだったので、日本で最初にGHOSTが輝く相応しい場所はこうしたHR/HMフィールドだったんじゃないかと。もちろん、HR/HMに留まらない魅力を持っているバンドだと思うが、日本だとHR/HMファンの相性が最も良いと思う。日本のメディアでもやっとキチンと取り上げてくれたから(といっても"Meliora"の時から取り上げてほしかったが・・・)、日本での次の展開も期待できる・・・そんな充実した内容だった!

IMG_5250

IMG_5285

IMG_5307

GHOST Setlist
01.Ashes
02.Rats
03.Absolution
04.Ritual
05.From The Pinnacle To The Pit
06.Faith
07.Cirice
08.Miasma
09.Year Zero
10.Mummy Dust
11.Dance Macabre
12.Square Hammer


さて、フェスの翌日はタワーレコード渋谷でコピア枢機卿のサイン&撮影会が!
私も参加してきました。
6階に簡易パーティションで仕切ったスペースに一人ずつ参加者を入れ、フルメイクのコピア枢機卿に1点サインしてもらい、一緒にツーショット!間近で見たコピア枢機卿の顔はメイクというかマスクのような。こちらが恐縮しちゃうぐらい丁寧にサインしてくれるわ、握手を枢機卿自らしてくれるわ、とってもナイスガイでますます枢機卿が好きなりましたよ〜〜。ちなみに声色はトビアス・フォージでなく、コピア枢機卿の声でしたw
IMG_0976

IMG_0975
しかし、サイン・・・小さい!(笑)


Part3へ続く・・・ 

【ライブレポ】DOWNLOAD JAPAN 2019 Part1@幕張メッセ 2019.3.21


1542_0001

日本初開催となったDOWNLOAD FESに行ってきました。ヘッドライナーのOZZY OSBOURNEはオジーの体調不良に伴い、開催1ヶ月前にキャンセルとなるが、フェス同日の南アフリカ公演がキャンセルとなったJUDAS PRIESTが急遽ヘッドライナーで出演決定という開催前に劇的な展開が起きていた。
2018年はLOUD PARKが開催されなかったこともあり、いざ会場に行くと予想以上に多い人!やっぱりみんな大型メタルフェスに飢えていたんだな。長くなるので3回に分けて書きます。

IMG_0881

まずはオフィシャルバーでビールを注入してから、AMARANTHEから見ることに。DYNAZTYのリードシンガー、ニルス・モーリンが加入してからの初の来日公演、フォトジェニックかつ歌の上手さも際立つメンバーが入って更にパワーアップした印象を受けた。エリーゼ・リードは健康的なセクシーさもあって一番目立つ存在だが、バンド全体にも見せ場があるのでバランスも良い。
新譜"Helix"はキャッチーさに欠ける内容だと思うがライブだとゴリゴリ系の楽曲は良いアクセントだなと思った。それでも、やはり、3人のボーカルが交代交代で歌っていくこの切り替えの上手さのカタルシスがこのバンドの持ち味だけど、ライブだとそのゾクゾク感が更に増す。願わくばそのカタルシスが最も強い"1.000.000 Lightyears"が聴きたかったなー。
IMG_0903

IMG_5036

IMG_5045
 


AMARANTHE Setlist
01.Maximize
02.Digital World
03.Hunger
04.Amaranthe
05.GC6
06.Helix
07.Drop Dead Cynical
08.Call Out My Name
09.The Nexus



AMARANTHEが終わった後は早いランチタイムとして、次に新譜"Vicious"を引っさげて来日したHALESTORMを観ることに。客入れの導線がよくわからないが、通路側に人が集まりやすいこともあり、通路の反対側まで移動。これ以降はだいたいそんなポジションで観ていた。

新譜からのオープニングナンバー"Black Vultures"リジー・ヘイルの迫力あるボーカルが響き渡り一気に世界観に突入させてくれる。
IMG_5059
事前にゲストが出演するという話だったが3曲目の"Lovebite (So Do I)"LOVEBITESasamiが登場。リジーとボーカルを分け合い、サビはコーラスを担当。場内は大いに盛り上がったが、リジーasamiの声質がまるで違うので違和感ばかり残ってしまったような。asamiがコーラスに回ると良い感じだったけどね。

IMG_5085

IMG_5098

 
リジーの迫力あるボーカルがグイグイとライブを引っ張っていくが弟のエアジョイも負けていない。トミー・リーばりの豪華なドラミングにドラムソロコーナーは箸で叩くがこれはすぐにやめて、CHEAP TRICKバン・E・カルロスを彷彿とさせる巨大スティックで叩くなどエンタメ性も十分。
IMG_5122

IMG_5126
新譜のボーナストラックに収録されている"Tokyo"も披露。ここは東京でなく、幕張・・・ということは野暮だが(笑)、東京への憧れを彼ら目線で歌った内容の歌詞は良いもんだ!曲としては面白みに欠けるけど歌詞が重要な曲なのである。

メタルフェスらしく、ハードなナンバー中心のセットリストだったが、コンテポラリーな"Here To Us""Dear Daughter"も聴きたかったなー。リジーのボーカルの上手さをもっと堪能したかったので単独公演が見たい!

IMG_5118

IMG_5130


HALESTORM Setlist
01.Black Vultures
02.Mz. Hyde
03.Love Bites (So Do I) (with Asami from LOVEBITES)
04.Tokyo
05.Amen
06.Do Not Disturb
07.Drum Solo
08.Freak Like Me
09.Uncomfortable
10.I Miss The Misery



次は反対側のステージでARCH ENEMYを。彼らが日本のメタルフェスの13時台で登場するのは今となってはレアな光景。何度も観ているので休憩タイムにしてもよかったが、恐ろしく高いレベルで安定している彼らのパフォーマンスは気が付いたらずっと観てしまうほど。
4曲目の"Blood On Your Hands"は公演によってはやったりやらなかったりするが、他の曲はライブの鉄板というべきものなのでセットリスト的に面白みは無い(笑)ただし、初めて彼らのライブを観る人にとっては怒涛の内容だと思うけどファンとしては贅沢を要求しちゃうよねーw
IMG_5160

IMG_5171
去年の来日と比べてアリッサは髪型は元に戻したかな?こっちの方が似合うと思う。

IMG_5184

セットリスト的には後半が少しイマイチかなぁ・・・。4曲目ぐらいでこの後に備えて離脱してしまったけど、個人的にはもう少しアッ!と驚く選曲があって、離脱しなければよかった!と思わせてほしかった(笑)

ARCH ENEMY Setlist
01.The World Is Yours
02.Ravenous
03.War Eternal
04.Blood On Your Hands
05.You Will Know My Name
06.Dead Eyes See No Future
07.The Eagle Flies Alone
08.As The Pages Burn
09.Dead Bury Their Dead
10.No Gods, No Master
11.Nemesis



そういえば、フェス前半はHR/HM界を代表する女性シンガーが集まっていたじゃないか!
と思ったら3人一緒に写真を撮っていた。うん?この金髪の美女は・・?アンジェラ・ゴソウじゃないか!今はAMARANTHEのマネージメントも手掛けているから来日していたんですねー。


いよいよ、次は今回のフェスの個人的大本命GHOSTが。
Part2に続く・・・

プロフィール

sekibow

熱苦しいハードロック、ヘヴィメタル、スラッシュメタル、ドゥーム・ストーナー系メタル、プログレ、そして70年代〜80年代のウエストコースト系ロックを愛するパフュメタラー。Sign of the Hammer Be My Guide

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ