Heart Of Steel

買ったアルバムの感想を語る場

2018年03月

「メタルファンは、死ぬまでメタルファンなんだ。パーマネントに『あ~○○年の夏はSLAYERをよく聴いたよな~』みたいな聴き方をする奴は一人もいないよ」byロブ・ゾンビ

【ライブレポ】LOVEBITES@duo Music Exchange 2018.2.23

IMG_6399

Burrn!紙のBrightest Hope部門で1位を飾り、そして、今年のWackenに出演決定と今、一番勢いがあると思う女性オンリーのヘヴィメタルバンド、LOVEBITES。Wackenの件はまだアルバム1枚しか出していないし、ライブもまだ数本しかこなしていないのにいきなり出演するなんて、色々とビックリ!

様々な思惑や働きかけがあったにせよ、アルバムの内容が素晴らしいから、こうして取り上げられるのであって、さてライブではアルバムをどこまで再現できるのか!?それをぜひとも確認したく、「Re-Awakening From Abyss Live」と銘打ったライブを観に行った。

IMG_6394

今まで様々なライブに行ったが、女性オンリーのバンドのライブはこのLOVEBITESが初めて。そのせいなのか、客の8割〜9割は男性でしたね(笑)私もオッサンですが、それ以上にオッサン率高し!そして、他のライブとは違う何か殺伐とした雰囲気が・・・。ライブ中は私のイヤな予感があたり、周りのことをまるで気にしない態度の悪いオッサン客がいて非常にストレスMAXでしたが、まあ、そんなヤツのことはどうでもよくなるほど、ライブは色々と見所満載だった!


アルバムのオープニングSE"The Awakening"が流れ、アルバム通りの"The Hammer Of Wrath"ではなく、"The Apocalypse"でライブはスタート。のっけから客も盛り上がりが凄い!少し後ろで観ようと思っていたけど人の波に飲まれて前の方に来てしまったw

演奏面を引っ張るのはmidorimi-yaのギタリストチームだが、midoriが顔の表情豊かにギターを弾いて動き回るのに対して、mi-yaはクールな佇まいであまり動くことはせず(シールドを使っていることもあるけど)、黙々と弾くタイプ。その二人をサポートするのがリーダーであるベースのmiho。どこか余裕のある弾きっぷりはバンドに安定感をもたらしているように思えて、harunaとグルーヴを奏でる。

そして、ボーカルのasamiは・・・話には聞いていたけど、凄い!声量タップリでライブの終盤まで衰えないハイトーンボイス。そして、ハイトーンボイス以上に魅力的な中低域な歌声は1曲目の"The Apocalypse"で堪能できる。ライブ中の仕草は完全にメタルは通っていないJ-POP感満載で、そこは何か微笑ましい(笑)常に笑顔を絶やさないその姿はこちらもハッピーになってしまう魅力もあり、なるほど、メンバーもインタビューでこのボーカルだったら・・という話も納得。

Perfumeでも無い限りヒールでは動き辛いでは?と思っていたけど、メンバーもそこそこ動いてパフォーマンスが地味ということは全くなく、その上でアンサンブルや演奏面もしっかりとしていたので、一番気にしていた演奏面はアルバム通りでしたね。一番の魅力である楽曲はとにかく、キラーチューンが多いので、全曲ハイライトと言ってもいいけど、ライブで特にゾクゾクしたのはmihoのベースから入り、ギターが1本、2本と入っていく"Scream For Me"の展開は実にカッコイイ。ライブだと尚更カッコよくて、終盤のギターソロ掛け合いもライブ映えする!そして、大好きな"Liar"はキャッチーなのでゴリゴリした曲が続く中では良いアクセントですね。

6月に発売されるミニアルバム"Battle From Damnation"からの新曲もこの日は披露。"The Crusade"といういかにもなタイトル(曲名でSAXONのカバーかと一瞬思ったw)で印象としてはストレートなパワーメタルという感じ。そこからスラッシーナ"Hammer Of Warth"に続く流れは正にハンマーで叩かれる如くのパワーがあり、非常にメタルバンドらしい展開。

IRON MAIDEN風味な"Don't Bite The Dust"で更に場内もヒートアップしたが、パワーバラードな"Edge Of The World"、疾走感ある"Bravehearted"と続く展開はアルバム本編と一緒ですね。最後まで余裕タップリのasamiの歌声は終盤3曲でも素晴らしかった!特にバラードパートからメタルパートに激しく展開する"Edge Of The World"は歌唱力の多様性を見せつける上でも真骨頂だったんじゃないだろうか。

アンコールはカバー2連発。1曲目は意外なMOTORHEADのカバーで"Overkill"!そういえば物販でMOTORHEADのオマージュが入ったTシャツを売っていたし、asami"We are LOVEBITES! We play Heavy Metal!"とレミーの例のMCを真似たことを言っていたので、その関係なんでしょうな。あとはmihoの趣味かな?女性が歌う"Overkill"はかなり新鮮。最後の締めもMOTORHEADのライブと同じ内容にしているところはグッド!
前回もHELLOWEEN"Eagle Fly Free"をやったいた模様でこちらは自分達のものにしている印象。asamiは余裕でこの曲を歌いこなしているので、彼女はやっぱり凄いボーカリストですな!アルバムを3枚ぐらい出したら、カバーアルバムを作っても面白いと思った。


とっても良いライブだったけど、その二日前には圧巻だったARCH ENEMYを観ていることもあって、それと比べるのは酷だと思うけど、ヘヴィメタルのカッコよさを体現するにはまだまだ伸び代があるといった印象が。それが具体的に何なのか言葉に表すのは難しいんだけど。
可憐な衣装とハードな音楽性のギャップをウリにしているところがあるが、そんなスケールの小さいギャップ萌えに頼らなくても楽曲の内容とパフォーマンスで十分戦えるのだから、今後はメタルな衣装でもいいと思うんだけどな〜。あの衣装で誤解している人も多いと思うから(私もそうでしたw)、音楽だけに耳に向けてもらうことも重要なんじゃないかとライブを観てふと思った次第。

まだこれからのバンドではあるが、今後はもっと良くなると確信しているので、今後も引き続き彼女達の活動はチェックしたいなぁと思っている。というわけで6月のO-EAST単独公演のチケットも買いました(笑)今度はもう少し観やすい会場で観たいし、O-EASTなら失礼な客がいても移動できるから、あんな不快な思いはもうしないでしょうww


IMG_6397


Setlist

01.The Apocalypse
02.Burden Of Time
03.Shadowmaker
04.Scream For Me
05.Inspire
06.Warning Shot
07.Liar
08.The Crusade
09.The Hammer Of Wrath
10.Don't Bite The Dust
11.Edge Of The World
12.Bravehearted

〜Encore〜

13.Overkill (Motorhead cover)
14.Eagle Fly Free (Helloween cover) 

【ライブレポ】ARCH ENEMY@EXシアター六本木 2018.2.21

IMG_6345

IMG_6347

 
新譜"Will To Power"を引っ提げてのARCH ENEMYの日本ツアー、東京二日目@EXシアター六本木に行ってきた。何回もライブを観ているバンドだが、新譜の出来の良さもあって、行かない選択肢は無かった!

EXシアター六本木初日の客入りは7割程度だったらしいが、この日はもう少し入っていたのかな。ARCH ENEMYがこの会場でライブを行うのは今ツアーが初めてということもあり、音響に定評がある会場な分だけ、更に期待が高まる。先に結論を言うと、今までの彼らのライブの中で最もカッコイイと思ったライブだった!!

新譜の日本盤ではアウトロ扱いだった"Set Flame To The Night"がオープニンSEとなり、そこから新譜のリーダートラックである"The World Is Yours"でライブはスタート。メジャー感が更に増した曲でもカッコイイ。そこから"Ravenous"で畳み掛け、サークルピットが発生。次にジェフ・ルーミズのソロがタップリとフィーチャーされた"Stolen Life"、突進力がある新譜からの"The Race"と怒涛の展開。
前半のトドメは前作の"War Eternal"で締め。最初の5曲だけでも、今まで見たARCH ENEMYの中で今回が一番カッコイイライブだと確信。マイケル・アモット、ジェフ・ルーミズのギターコンビのこのバンド史上最もステージが映える組み合わせと思っているが、二人が並んで弾く姿、今回は更にカッコイイと感じる。
IMG_3529

IMG_3450

IMG_3583

マイケル・アモットは髪の毛の色が黒っぽくなったなぁ。そしてジェフ・ルーミズは難しいソロでもを余裕持って弾く姿は華がある!くどいけど、曲作りでもお二人ちゃんとタッグを組んでくれ!(笑)

話を戻して、"My Apocalypse"で少しペースを変えて、この曲はライブだと良いアクセントになっているのだが、個人的にはそろそろ別の曲にしてほしいと思っている(笑)でも、ライブで聴くと雰囲気を変えるにはもってこいの曲なのでバンドが重宝するのも理解できるかな。

そして、久しぶりに来たこのサイレン音は・・・・・!?
そうだ!"Rise Of The Tyrant"からの名曲"Blood On Your Hands"だ!!!!
前日では出てこなかった曲で、この曲を演るのは久しぶりかもしれない。"Rise Of The Tyrant"はアンジェラ期を代表するアルバムだと思っているので、もっと沢山ライブで演ってほしいが、なぜかあまりセットリストに入る頻度が少ない気がする。”Remeber!"のパートはもちろん場内大合唱。ソロのハイライトであるハモリパートに入っていく流れはいつ聴いてもカタルシスを感じる。

すっかりARCH ENEMYの顔となったアリッサだが、ライブ後半では彼女の魅力が爆発。歌メロの良さが光る"The Eagle Flies Alone"、そして、アリッサのクリーンボーカルが入った"Reason To Believe"はライブだと更に魅力的!"Reason To Believe"は彼女のクリーンボーカルが入ってもARCH ENEMYらしさがあるので、違和感なく聴けるのって、何気に凄いことだと思う。途中でフードを被っての姿もカッコイイ。アリッサに関してはカワイイという言葉は似合わず、綺麗、カッコイイってところかな。男女の差を良い意味で感じさせない。
IMG_3563

IMG_3572

IMG_3464


本編は"Dead Bury Their Dead""We Will Rise""Anthems Of Rebellion"からの曲で終了。"Dead Bury Their Dead""My Apocalypse"と並んで、ライブで欠かさず演奏されている曲。この曲も良いんだけど、ちょっと食傷気味かな・・と思っている。きっと、シャーリー・ダンジェロのベースをフィーチャーするパートがあるのでライブでは外せないんだろうなぁ。

アンコールは前日と変わってなんと!"Heart Of Darkness"!!この曲を演るのはかなり久しぶりでは!?個人的に好きな曲だったので嬉しかったが、一緒に観た妻にとってはあまり魅力的で無かったらしいww"Avalanche"の方が良かったって!?そうか・・・w

そして、ジェフのフュージョンっぽいギターソロから、マイケル・アモットの見せ場であるインスト"Snow Bound"。泣きのギター満載なのに、なぜか観るライブはたいてい、マイケルがミスっているので、いつもハラハラドキドキしながら観ているが(笑)今回は特にミスもなく成功!曲の途中で煽りを入れてくるもんだから、オイオイ、大丈夫かよーって思ったのはご愛嬌w

ライブ最後は”Nemesis”、そして続けて"Field Of Desolation"のアウトロパートからマイケルとジェフのツインギタ―ハーモニーで締めというお約束の展開。"Field Of Desolation"のアウトロはともかく、日本では必ずヨハン期の曲が1曲は入っていたが、今回はとうとう1曲も出てこなかった!
きっと、BLACK EARTHと住み分けたことなんだろうか。BLACK EARTHではお腹一杯になるほど聴いたが、ARCH ENEMYでいざ無いのはなんだか寂しい気分に。

それにしてもツアーを重ねる度にカッコよさが増すバンドであり、初期の頃にはこんなバンドになるとは思いもしなかった(笑)今回は音響の良さもって、シャーリーのベースも良く聞こえたし、ダニエルを正面から観たこともあって、派手なフォームで叩くことはせず、姿勢は常にぶれず凄まじいドラミングも十分堪能。フロント4人は常に動き回り、視覚的にも目が離せないステージングもそうだし、曲もカッコイイ。そしてギターの二人は非常に華がある。メタルを知らない人にこれがヘヴィメタルだよ!って紹介するにもってこいのバンドだなぁと改めて思った。
IMG_3458

IMG_3518



なお、ライブの途中でTrooperの宮本さんが登場。Burrn!の読者投票でベストアルバムに"Will To Power"が選ばれたため、そのトロフィー贈呈式が行われた。ライブの流れを邪魔したくなかった配慮なのか気がついたら贈呈式が終わっていたというぐらい、スピーディーに行われていたけど(笑)それにしても、宮本さん、せっかくのトロフィー贈呈式なのに着ているTシャツはBLACK EARTHかよ!!!wwwそんなマイペースな宮本さんが好きです(笑)

IMG_6376


Setlist

01.The World Is Yours
02.Ravenous
03.Stolen Life
04.The Race
05.War Eternal
06.My Apocalypse
07.Blood On Your Hands
08.You Will Know My Name
09.Bloodstained Cross
10.Intermezzo Liberte
11.Dead Eyes See No Future
12.The Eagle Flies Alone
13.Reason To Believe
14.As The Pages burn
15.Dead Bury Their Dead
16.We Will Rise

〜Encore〜

17.Heart Of Darkness
18.Jeff Loomis's Guitar Solo
19.Snow Bound
20.Nemesis
21.Field Of Desolation (Outro) 


IMG_3557

 IMG_3575

IMG_3586

IMG_3587

IMG_3590

IMG_3591

IMG_3592

IMG_3608

IMG_3605



プロフィール

sekibow

熱苦しいハードロック、ヘヴィメタル、スラッシュメタル、ドゥーム・ストーナー系メタル、プログレ、そして70年代〜80年代のウエストコースト系ロックを愛するパフュメタラー。Sign of the Hammer Be My Guide

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ