Heart Of Steel

買ったアルバムの感想を語る場

2017年11月

「メタルファンは、死ぬまでメタルファンなんだ。パーマネントに『あ~○○年の夏はSLAYERをよく聴いたよな~』みたいな聴き方をする奴は一人もいないよ」byロブ・ゾンビ

【レビュー】LOVEBITES "Awakening From Abyss"

IMG_5288

11月の前半、よく聴いていたアルバムは?と聞かれたら、LOVEBITESのデビューアルバム"Awakening From Abyss"と断言できる。
それぐらい新人バンドでしかも国内バンドでハマったものは無かったかもしれない。国内メタルバンドでこうあってほしい!という願望があるけど、それを見事に体現しているというか、まあ、自分の好みに非常に近い内容だったので。最初はよくある女性オンリーのバンドとしか思っていなかったんだけどね(笑)

LOVEBITESという女性5人組の国内メタルバンド(ガールズバンドという言い方はあまり好きじゃないので敢えてこう書きます)がデビューすると聞いた時はルックス面含め、J-POP、アニソンの要素強めでメタルの影響といってもX-JAPANとかHELLOWEEN止まりのよくあるタイプなんだろうな〜と偏見がかなり入った失礼な見方もしていたので、「フーン」で済ましていた。

ところが、ベースのmihoがSNSでメタルTシャツを着こなす姿を見て(MANOWARとか!)、あっ、なんか他の国内女性メタルバンドとはちょっと違うかもしれないと感じ、ちょっと色々と調べてみると、ライブの開演前BGMも選曲しているらしく、そこで取り上げるバンドはNWOBHM系が多い!最近のバンドでそこまで掘り下げるのは珍しいかもしれない・・?そこから更に興味が沸いてきて、ちょうどよく1stアルバムがリリース。

アルバムのアートワークからしてメンバーの写真でなく、メタルメタルしているところからしても他の同系統バンドと違う。さて肝心の音はどうだろうか?
◯◯メタルと表現するなら「正統派メタル」という言葉が最も近しいかもしれない。JUDAS PRIESTIRON MAIDENといった基本を抑えながらも北欧系、ジャーマン系、シンフォニックメタル系、あと少しスラッシーな感じも入ってのメタルの王道を貫くその姿はジャパメタ要素、アニソン要素が強めな国内メタルバンドでよくあるパターンで無いところが、逆に珍しく映る。

曲としてもmidorimi-yaのツインギターの掛け合いやハーモニーを軸に、スリリングさがあって、そこにベースのmihoとドラムのharunaがうまく絡み素直にカッコイイ!と言えるサウンド。ヘヴィメタルを知らない人に向けてもヘヴィメタルってカッコイイんだ、と言いたいバンドの主張が垣間見れて、コミカルな要素や萌え系要素は皆無。日本語歌詞でも世界で活躍できるバンドは多くなった昨今だが、全編英語歌詞にこだわり、ジャパメタ要素は自然と出て来る感じが個人的には好きだなー。
アルバムは全12曲だが、軸はしっかりとしながらも楽曲はバラエティ豊かで終盤までダレることなく聴ける。どの曲もリフがしっかりとしているのが個人的にもポイント高し。国内バンドで陥りがちな様々な要素を突っ込んでしまったため、焦点がボヤケてしまうことも無いのは、バンドとして目指している音楽的方向性がしっかりとしているからだろうか。

逆に少し気になったのはボーカル。下手ではなくむしろ上手いんだけど、言葉を詰め込め過ぎな感があるので歌メロのフックが足りないように思えた。例えばEUROPEのようにシンプルなフレーズを入れてみるなどすればもっと良いのになぁーと思ったり。ボーカルのasamiはR&Bをベースにしているらしく、いくつかの曲ではそういったバックグラウンドを活かした歌い方を入れているので、あえてヘヴィメタル的な歌唱じゃないパートが増えるとこのバンドの独自性がより目立つのでは?とかそんなことを思ったりするので、ボーカル面含めて今後の展開が楽しみなバンドだと思う。

世界への視野を入れているバンドのようなので、今後もスケール感ある正統派メタルを突き進んでほしいなぁ。日本的な要素は自然と出て来るものだと思うので、無駄にアニメ系、アイドル系要素を入れる必要が無いと思っているので、このファーストアルバムで披露した軸をぶれていない王道で敢えて突き進んでほしい!と久々にこう応援したい国内バンドに出会えた気がする。衣装は白じゃなくて黒を基調としたメタルしている衣装の方が個人的には好みなので今後はイメチェンを希望(笑)


個人的にお気に入りな曲
"Warning Shot"
・・・ANTHEMを彷彿とさせるパワーメタル系な曲

"Scream For Me"
・・・歯切れが良くリズミカルなボーカルと終盤のギターソロ掛け合い含めてスリリングな曲の展開が素晴らしい

"Liar"
・・・最も歌メロが印象的な曲。ギターソロにつながる展開もカッコイイ

"The Apocalypse"
・・・オールドスクールメタル風な曲でasamiの幅広いボーカルワークが耳に残る

"Edge Of The World"
・・・哀愁バラード系で始まるが途中でシンフォニックなメタル曲に変わっていくスリリングな展開がかっこよい。

※アルバムの試聴用トレイラー


"Shadowmaker"





 

【ライブレポ】LOUD PARK17初日 2017.10.14 Part.2@さいたまスーパーアリーナ

IMG_3073

LOUD PARK17のライブレポの続き。

Part1はこちら。

OVERKILL

本来なら、OVERKILL側のステージで観るものが、この日の個人的ハイライトは初めて観るALICE COOPERということもあり、ALICE COOPERライブに備えて反対側のステージから観ていた。結果的には多少無理してもOVERKILL側まで移動して観れば良かったと思うほど素晴らしいライブ!スケール感があるスラッシュメタルは大きな会場が似合うし、ステージを縦横無尽に駆け巡るブリッツのステージアクションは大きな会場だとより映える。パフォーマンス的にもD.D.のベースとドラムはまるでゴムまりのような柔軟性とタイトなリズムはやっぱり気持ち良いし、ステージ脇からダッシュで走るブリッツが見れてよかった(笑)チッタだとストロボを多用するライティングだったが、ラウドパークではそれが無かったから観易かったこともあるし、選曲もフェスならでは非常に凝縮されたもの。近作からの"Eletctric Rattlesnake""Ironbound"はやはり燃える!!!

Setlist
01.Mean, Green, Killing Machine
02.Rotten To The Core
03.Electric Rattlesnake
04.Hello From The Gutter
05.In Union We Stand
06.Ironbound
07.Elimination
08.Fuck You (The Subhumans cover)


IMG_3063

IMG_3046

IMG_3048


ALICE COOPER

ALICE COOPERはやっと初めて観れたこともあるけど、この日の一番のショウだった!!!
ライブとショウがミックスされ、フェスだけど、一つのストーリーがあるかのようなショウの構成にあっという間にALICE COOPERの世界に引き込まれた。フェスでも定番のギロチン、踊り子、電気椅子などのギミックも惜しげなく披露。さすがにトリじゃないと紙幣の紙吹雪は無かった模様。
ベストヒットなセットリストと演出の数々も相まって、どの曲も見所満載でハイライトだらけ。それを支えるアリス・クーパー以外のメンバーもステージを縦横無尽に走り回り、華を添える。その中でもオリアンティの後任で加入した女性ギタリストのニタ・ストラウス嬢はステージアクション含めてセクシーでカッコ良かった!女性オンリーのメイデントリビュートバンドの元IRON MAIDENSということもあって、そのステージアクションは本家のヤニック・ガーズを彷彿とさせる。。

エンターテイメント溢れるショウの中で小休憩的な位置付けのOnly Woman Bleedはとっても心にしんみり来て、未だ勝手に脳内再生されるほど個人的にこの曲がハイライトのようだった気がする。アゲアゲな曲も良いけど、こうした雰囲気がある曲も大事。ますますフルのショウが観たいなぁ。正直、トリでもよかったと思うけど、後ろにEMPERORSLAYERだとこのポジションは仕方ないのかな。まだ披露されていないギミックやライブで聴くべき曲は沢山あるので、もう一度単独公演を!!この日の一番はALICE COOPERという声も非常に多かったので、LOUD PARKを機に日本での再評価を望みたいとところです。

Setlist
01.Brutal Planet
02.No More Mr.Nice Guy
03.Under My Wheels
04.Nita Strauss's Guitar Solo
05.Poison
06.Halo Of Flies
07.Feed My Frankenstein
08.Cold Ethyl
09.Only Woman Bleed
10.I Love The Dead
11.I'm Eighteen
〜Encore〜
12.School's Out 

 IMG_3075
IMG_3077

IMG_3085

IMG_3083

IMG_3088

IMG_3094

IMG_3102

IMG_3107

IMG_3130

IMG_3134

IMG_3144

IMG_3149

IMG_3156

IMG_3167



続きを読む
プロフィール

sekibow

熱苦しいハードロック、ヘヴィメタル、スラッシュメタル、ドゥーム・ストーナー系メタル、プログレ、そして70年代〜80年代のウエストコースト系ロックを愛するパフュメタラー。Sign of the Hammer Be My Guide

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ