Heart Of Steel

買ったアルバムの感想を語る場

「メタルファンは、死ぬまでメタルファンなんだ。パーマネントに『あ~○○年の夏はSLAYERをよく聴いたよな~』みたいな聴き方をする奴は一人もいないよ」byロブ・ゾンビ

【レビュー】WHEEL "Resident Human"

IMG_0261のコピー

フィンランドのオルタナ・プログレッシブバンドと言われるWHEELが今年リリースした彼らの2ndアルバム"Resident Human"

彼らを知ったキッカケというのがPROG MUSIC DISC GUIDEというディスガイドブック。
ディスクガイドはあまり買わないけど、その中でもいわゆる70年代のプログレッシブロックではなく、現在のプログレッシブ・ロック、プログロック(この2つの言葉の違いはイマイチよくわからないが・・・ほぼ同義語と思っている)に焦点を当てたこの本は面白い一冊だと思う。日本だと情報が十分に入ってこない現代のプログシーンの流れを主要バンドに焦点をあてつつ、そこから音楽的に関連があるバンドのアルバムを紹介しているので、この手の音楽に興味がある人なら、取っ付き易くかつディープに探求する手助けになると思う。また、スティーヴン・ウィルソンマイク・ポートノイといった、ビッグなアーティストのインタビューの他にOPETH等のマネジメントを手掛けるアンディ・フェローのインタビューがこれまた面白い!商売の裏側についての話が豊富で、ANATHEMAが活動停止した理由の一つ(いや、本質かもしれない)も語っているので、ANATHEMAファン的にもオススメ。




その本の中で紹介されていたのがWHEELが2019年にリリースした彼らのデビューアルバム"Moving Bakwards"
Moving Backwards
Wheel
Groove Attack
2019-02-21


フィンランドのバンドだけど、あのTOOL直系のサウンドで、デビュー後は数多くのフェスへの出演依頼が殺到したという話を聞き、何よりTOOLは大好きなバンドなので、どんな音なのか知りたくなった!
ほんと、TOOL直系のサウンドで、ボーカル含めてアクが強く無いTOOLという感じだった(笑)北欧っぽさはほとんど感じられず、そこはせいぜいボーカルの発音ぐらいかな?
TOOLのアクの強さは良くも悪くも彼らの特徴で、個人的にそのアクの強さは彼らの魅力の一つと思っているけど、人によってはWHEELの方が聴きやすいかもしれない。なので、個性的とは言えないかもしれないが、デビューアルバムでこのクォリティの高さは驚異的としか言いようがない。






そして、WHEELの2枚目となる"Resident Human"
Resident Human
The Wheel
Odyssey Music
2021-03-26



まずサウンドプロダクション面での向上しており、それも含めてギター、ベースとドラムが一体となってうなるグルーヴが前作以上に心地良くかつパワフルになっている。ボーカル面での迫力が増し、メイナードっぽい歌声も出てきたり(特にタイトル曲)、デビューアルバムからパワーアップしている様は頼もしさも感じる。静と動のコントラスト含めてますますTOOLに近づいたかのようなサウンドは、バンドの個性という意味では良いんだが悪いんだかそこは微妙な気持ちになるが(笑)、曲の良さと中毒性があるそのサウンドはやはり特筆すべきものがある。

TOOLに近づけば近づくほど、音楽だけじゃないアートワーク含めて五感に攻めてくるその音楽的魔力の大きさの偉大さが際立ち、WHEELを絶賛したいという気持ちがある反面、先程のTOOLと比べたら・・というそのジレンマをどうにかしてほしい(笑)単純にクォリティの面ではいえば、これは凄い!!!名盤!!!と叫びたい。タイトル曲は今作の中でも一番TOOLっぽいけど、楽器隊が一斉に襲いかかってくるかのようなリフと展開の妙はカッコよいしなぁ。
インタビューではTOOLへのリスペクトもありつつ、独自の音楽を確立という想いも感じられるので次作の3枚目が勝負になると思うし、そこでWHEELといえばこれ!というものを出してほしいなぁ。新しいバンドの中では特に応援したいので、ブレイクスルーを期待しています。次作は予算が増えてアートワークにも力を入れてほしいところ。今作はうーん、ちょっと微妙w








【レビュー】OUT OF THIS WORLD "Out Of This World"

IMG_0060のコピー
EUROPEのギタリスト、キー・マルセロFAIR WARNINGのボーカル、トミー・ハートがタッグを組んだバンド、OUT OF THIS WORLDのデビュー作。この二人は以前、KEE OF HEARTS名義でタッグを組んでいるが、KEE OF HEARTSはFrontiersレーベル主催で作曲もプロデューサーであるアレッサンドロ・デル・ヴェッキオが全て担当しており、二人は作曲に実質関わっていない。しかし、OUT OF THIS WORLDキー・マルセロが全て作曲しており、バンドとして活動していく意思を強く感じる。
何より、そのバンド名はキー・マルセロが加入したEUROPEの名盤から名前を取っているので、ネーミングからして気合が違うと思う!しかも、ミキシングはその名盤のプロデューサー・ミキシングを担当したロン・ネヴィソン!舞台は全て整った。これは期待しない方が難しいでしょう。


EUROPE"Out Of This World"は昔、Burrn!誌のレビューの低評価っぷりが有名ではあるが、今では彼らの名盤と認識している人がほとんどだと思う。前作"The Final Countdown"を更に洗練し、よりポップでキャッチーした優れたアルバムで、新加入したキー・マルセロの構築美溢れるギターソロは曲の重要なパートとなっていた。EUROPE再結成後に再加入したジョン・ノーラムキー・マルセロ時代の曲を弾く時は原曲ソロを忠実に弾いているところも、彼に対するリスペクトを感じる。
アウト・オブ・ディス・ワールド
Joey Tempest
Sony Music Direct
2004-09-23



さて、そのOUT OF THIS WORLDとしてのデビューアルバムだが、JOURNEYに通じるところが非常に多いアメリカンな爽快さ溢れるアルバムとなっている。トミー・ハートのパワフルで伸びやかな歌声をキー・マルセロのギターソロはニール・ショーンっぽいところもあるが、彼ならでは滑らかさがあり、やはり彼は楽曲を曲の重要なパートを担っている。哀愁度合いは意外と低いので、彼らにどの辺を期待しているかによって、受け止め方に差は出てきそうだが、バンド全体のまとまり感も出ているので、プロジェクト臭は無いし、バンドメンバー自身で音の方向性をキチッと固めているところは、今後の展開も予感できる!


個人的にはスケールの大きさを感じる曲と歌心満載のギターソロがある"Hanging On"、哀愁ある展開が妙の"Starting At The Sun"がアルバムのキーとなる曲になるかな。ただし、期待値が高過ぎたせいか、「これぞ、名曲!」という曲が無かったのが非常に惜しい。いや、並のバンドからしたら名曲オンパレードと言われる内容だと思うんだけど(笑)、キー・マルセロが全て作曲するというので、勝手に期待していたかもしれない^^;
そして、この手のバンドは必ずVAN HALENタイプの曲を1曲入れてきますねー、"The Warrior"はまさしくそう(笑)
  


なお、国内版の限定盤ではCD2枚組となっており、CD2枚目はKEE OF HEARTSとして出演した2018年のH.E.A.T. Festivalのライブアルバム。KEE OF HEARTSの曲の他にキー・マルセロ在籍時のEUROPEの曲、FAIR WARNINGの曲も演っているので、なかなか豪華なセットリストとなっている!

トミー・ハートが歌うEUROPEの曲は新鮮に聞こえるし、キー・マルセロが弾くFAIR WARNINGもなかなか面白い。特に"Burning Heart"のギターソロアレンジはオリジナルと聴き比べてみるのもいいかも。
IMG_0138のコピー
 
OUT OF THIS WORLDはこの手のメロディアス・ハードバンドの中でも発展性が期待できるバンドなだけにコロナ渦の状況が本当に恨めしい。コロナが無ければ来日してライブをやれば、盛り上がることが容易に想像できる分、タイミングとしては残念。引き続き、2枚、3枚とアルバムをコンスタントにリリースしてほしいですなぁ。


 
CD2枚組で税込み4,950円という価格は正直高い!と思ったが、ライブCDの価値も踏まえると元は取れると思う。でも、少なくとも4,000円台前半にしてほしかったなー 

【レビュー】PRISM "Live Alive Vol.2"(紙ジャケリマスター盤)


IMG_0009のコピー

PRISM
のリーダーでギタリストである和田アキラさんが亡くなってしまった。
私は基本、HR/HMを中心に聴いており、フュージョン・ジャズ系はそんな多く聴いていないが、その中でもPRISMは高校生の頃から良く聴いていた。
 


きっかけは高校生の頃、確か同学年のF君がPRISMのライブアルバム"Live Alive Vol.2"を勧めてくれた。それを聴いてみたところ、HR/HM耳でもこれはカッコいい!と思った。その理由はこの後書くけど、学生の頃はそんなにたくさんアルバムを買うことは出来なかったから、PRISMはその1枚だけしか聴いていなかった。そして、社会人になった2003〜2006年頃にPRISMの初期3枚の再発や、リメイクベスト盤"Present I、II"がリリースされたタイミングで高校生の頃に聴きそびれた分を取り返す如く買い漁った。
それから、PRISMは頻繁に聴いている。特にこの1年はコロナの影響で在宅勤務も多くなり、その時のBGMとして聴くことが多かった。インスト系を聴きたい時によく手が伸びるのだが、理由はジャズ・フュージョンの中でもかなりロック寄りなテイストが多くて、馴染み易いサウンドだったからだと思う。その中でも和田アキラのギターはメロディアスかつHR/HMギター・インストものにも通じる激しさと滑らかさがあり、当時高校生の私の琴線にビビッ!と来て今に至る。


さて、PRISMをを聴くきっかけとなった "Live Alive Vol.2"は1985年の公演を収録したライブアルバムだが、わずか4曲のみの内容。しかし、ライブならではの熱さとスリリングさが目一杯詰まっており、4曲というコンパクトさは感じない。
プログレ的な曲の"Karma""The First SKy And Last Sea"の前半から後半はHR/HMギタリストのインストアルバム並の激しさとカッコよさがある"Cruisers' Street"、そして映画のラストシーンに流れるとピッタリ合いそうな感動的なナンバー"Unforgettable"と内容は非常に熱い!

このライブでの"Cruisers' Street"ではスタジオアルバム以上にかっこいいフレーズがビシバシ決まるので、ギターを弾かない私でもそのスリリング溢れるフレーズを追っていくでも楽しい。
そして、"Unforgettable"の熱く、感動的なギターサウンドは文字通り胸を熱くさせてくれる。渡辺健のベースソロも表情豊かで感動に華を添える。

2019年に紙ジャケリマスター盤として再発されて買い直したけど、音質面は改善されているので、熱さ溢れる演奏がより立体的に感じることができる。4曲で2,700円(税抜)はちょっと高いけど^^;

そして、初めてPRISMを聴いたのがこのアルバムでよかった!もし、1stから聴いたら、高校生にとってはチルアウト過ぎてまだ理解できなかったんじゃないかな(笑)アルバムの後半のスピード感溢れる展開含めて今では大好きなアルバムですけど。

そんな想い出を与えてくれた和田アキラが亡くなってしまったのは本当に残念。まだ64歳だから、まだまだやりたいことも一杯あっただろうに。一度もライブに行かなかったのは後悔しか無いのだが、まだまだ聴いたことがないアルバムはあるので、また高校生の頃の時の気持ちを思い出してPRISMサウンドの探索をしよう。
ご冥福をお祈りします。




LIVE ALIVE VOL.2
PRISM
ALTAVOZ
2019-02-20


 

【レビュー】THUNDER "All The Right Noises"

IMG_9908 2のコピー

約30年間の歴史があるブリティッシュ・ロックのベテラン、THUNDERの純然たる新作としては4年振りとなるアルバム"All The Right Noises"は今作も期待を裏切らない力作!

FREEBAD COMPANYに代表される往年のブリティッシュ・ロックにハードロック的エッセンスを取り入れているTHUNDERだが、今作も特に大きく変わることなく安定した内容。安定した内容と言っても、今まで駄作らしい駄作は一枚も無いバンドだから、長年に渡り、その恐ろしいほど高いレベルの安定っぷりは驚異的としか言いようがない。 そして、今作は"Wonder Days"以降の中で一番の出来なんじゃないかな?まず、そのパワフルで躍動感溢れるサウンドに素晴らしい〜〜〜。


基本的に音楽性に大きな変化が無いバンドだけど、今作はホーンセクションや女性コーラスを多用してよりカラフルになっている反面、サウンドプロダクションは今まで以上に骨太になっており、その対比が今作のサウンドの特徴といえるかもしれない。
Burrn!でのインタビューでもルーク・モーリーは「これはロックに戻ったアルバムとも言えて、前作よりずっとハードでドライブ感あるアルバムだからね」と発言しているので今作はハードにしたいという意図があってのサウンドなんだと実感。
ブリティッシュロックにも色々あるが、ロック本来の良さが詰まったサウンドは正にアルバムタイトルどおり"All  The Right Noises"と言える。


音質面でもアナログライクな作り込み過ぎない感があるのは今まで通りだけど、各楽器の鳴りの響きをキッチリと捉えて本来のパワフルさをクリアに収録しているように思えるので、聴いていて非常に気持ちが良い!音質ではTHUNDERの中でも最も良い音だと思っている。


バラエティ豊かな楽曲はいつも通りで、社会的なテーマを歌詞に取り上げることが多いバンドだが、今作はいつになく、そういったテーマが多いように思う。アルバムの収録が完了したのはイギリスがコロナ渦になる前だったそうだが、今の情勢に通じるところが多くて、歌詞を読みながらアルバムを聴くと、単にカッコいいブリティッシュロックというだけでなく、感情面に訴えかけるところがいつになく多く感じるのは、そんな時代を一緒に生きているせいだろうか?


と、よくよく聴いてみると、細かい変化はいろいろとあるのだが、メンバーのパフォーマンス、音楽スタイルも特に変わることなく、長年安定した活動(特に"Wonder Days"以降はそれが顕著)を続けていることに彼らの強みを感じる。今の世の中、当たり前だったことが簡単に崩れてしまうことが多い中でも、彼らがブリティッシュロックの面白さ・楽しさ・奥深さを変わらず体現しており、そんなバンドは今や貴重かもしれない。
ロックはもはやメインストリームの音楽では無いらしいが、やっぱり人に一番訴えかけるパワーがあるのは人の手によるサウンドだと思うので、世の中の逆風に負けず、まだまだ活動を続けてほしい!
コロナが落ち着いたら、きっとまた来日してくれると思うので、それまでこのアルバムを聴き込んでおこう。


なお、CD2枚組となっており、CD2は4曲、本編に収録されたなかった曲。といってもクォリティは本編と同様でどれも良い曲。そして8曲ほど、新譜からのスタジオライブを収録。しばらくライブを見ることができないと思うので、新譜からのライブも嬉しいところ。スタジオライブといえども、アレンジが少し変わっていたり、ギターソロを追加していたりと既に楽曲が変化しているので、ライブがますます観たくなってしまうなぁ。。というわけで、ファンならCD2枚組盤を買っておくと幸せになります(笑)
IMG_9907 2のコピー



個人的に気に入っている曲をご紹介。

1曲目の"Last One Out Turn Off The Lights"のギター、ベース、ドラムの鳴りっぷりで今作は最高!と確信。リフはLED ZEPPELIN"Whole Lotta Love"に似ているが、Burrn!のインタビューによるとメンバー誰も気付かなかったとか(笑)サビにゴージャスな女性コーラスが入り、今作は今までとちょっと違うことを確信。

 

2曲目の"Destruction"はスケールの大きいグルーヴ感溢れる重厚なナンバー。
 



"Going To Sin City"はアメリカっぽいサウンドで、歌メロは往年のTHUNDER節!ホーンセクション、女性バックコーラスが余計にアメリカっぽさを出している



"I'll Be The One"THUNDERらしいバラード曲だが、バラードという言うには重いテーマにも感じる。それにしてもダニー・ボウズのこの曲のボーカルは本当に素晴らしい!!


"Young Man"THE WHO"Young Man Blues"へのある種のアンサーソングらしく、今の若い世代にとって現代は生き辛い世の中であることを歌っている曲。



シリアスなナンバーが多い今作の中でも、ノリが軽さが良い"You're Gonna Be My Girl"



今作は不思議なアルバムアートワークだが、これは実際にイギリスのランカシャー地方にあるモニュメントでSinging Ringing Tree"というものらしい。巨大なものだと思ったら、意外とそうでもない!?
スクリーンショット 2021-03-22 14.50.49




オール・ザ・ライト・ノイゼズ
サンダー
ワーナーミュージック・ジャパン
2021-03-12

 

【レビュー】TODD LA TORRE "Rejoice The Suffering"

IMG_9649
QUEENSRYCHEのボーカリストであるトッド・ラ・トゥーレがソロアルバム"Rejoice The Suffering"をリリース。これが素晴らしい!!どれぐらい素晴らしいかいうと、個人的にはトッド在籍時のQUEENSRYCHEのどのアルバムよりも好きだ(笑)トッドジェフ・テイトの後任を努めたQUEENSRYCHEはメタル路線への振り戻しをしているが、個人的にはどこか煮え切らない内容で歯がゆかった。QUEENSRYCHEのボーカリストでいる以上、ジェフ・テイトと比べられてしまうのは仕方ないが、このアルバムでトッドジェフと同等、いやもしかしたらそれ以上のボーカリストかもしれないと思った。


そんな想いをさせてくれたトッドのこのソロアルバムはここ数作QUEENSRYCHEに対して抱いていた悶々とした想いが吹き飛ぶ内容。QUEENSRYCHEを更にメタルにした内容であるが、トッドのボーカルの伸びやかさ、幅広さが遺憾なく発揮されていて聴いていて実に気持ちが良い。
メタルボーカリストと言っても様々な表現スタイルがあるが、トッドはグロウルからSANCTUARYウォーレル・デインを彷彿とさせる驚異的なハイトーンまで歌声の幅が非常に広い。
こんなに多様性があるボーカリストとは知らなかった。。QUEENSRYCHEではまだ彼の本領を120%発揮できていなかったことなのか・・・。
どの曲も良質で、1曲の中で様々なスタイルを見せるトッドのボーカルは非常に魅力的。正に彼のボーカルを堪能するためのアルバムと言えるかもしれない。


このアルバムはほぼ二人のみで制作され、クレイグ・ブラックウェルなるギタリストがギター、ベース、キーボードを担当。トッドはボーカルの他にドラムも担当。QUEENSRYCHEスコット・ロッケンフィールドがプライベートな事情で制作に参加できなかったバンドの現在の所の最新作"The Verdict"でもドラムを担当したトッドだが、ソロアルバムでも見事なドラミングを披露。名手スコット・ロッケンフィールドの代役を伊達じゃなかった。
ミキシングはQUEENSRYCHE"The Verdict"でも担当したZeusZeusは昨年リリースされたSANCTUARY"Into The Mirror Black"のリマスター盤でもリマスターを担当したが、シアトル関連メタルバンドと縁があるのかな?


ブックレットは少し印刷の甘さがあるのはご愛嬌だが、なんと外盤にも関わらず歌詞の日本語対訳が掲載されている!Google翻訳した適当なものではなく、キチンと対訳されたものなので、日本ファンには嬉しい配慮。なぜここまでしてくれるのかはわからないが、日本人関係者がスタッフにいるのかな?
IMG_9650






アルバムのオープニングトラック"Dogmata"いきなり緩急付いたトッドのボーカルが光る!



ロブ・ハルフォードを彷彿とさせるヒステリックなハイトーンからトッド本来のトーンに切り替わりがカッコいい!"Pretenders"



"Crossroads To Insanity"といったミッドテンポの曲では更に情感豊かなボーカルを見せる。曲調は今のQUEENSRYCHEに近いかな?
"Eyes Of A Stranger"を想起させるPVですね。


ダーティーな吐き捨て型の歌い方もカッコいい"Vexed"



ソロでこれだけの内容が作れるのだから、ぜひバンドに持ち帰ってほしい!スコット・ロッケンフィールドが事実上、脱退ている今、オリメンはマイケル・ウィルトンエディ・ジャックソンしか残っていないので、バンドの鍵を握るのはやはりトッド
トッドがいるQUEENSRYCHEが来日したのは2016年のLOUD PARKだけで、しかもこの時はビザかなにかの問題でエディ・ジャクソンが来日できなくベースはテープからローディが裏で弾いていたという内容。そして、スコット・ロッケンフィールドを日本で観ることができたのがこれが最後になってしまった・・・。
幸運にも彼が投げたスティックを受け取ることができたので、このスティックは家宝モノではあるが、ファンとしてはQUEENSRYCHEの新しいマテリアルで、またファンを興奮させてほしい!それができることを確信させてくれたトッド・ラ・トゥーレのソロアルバムであった。

IMG_1423

IMG_0520

IMG_1415


Rejoicing in the Sufferin
La Torre, Todd
Rat Pak
2021-02-05


プロフィール

sekibow

熱苦しいハードロック、ヘヴィメタル、スラッシュメタル、ドゥーム・ストーナー系メタル、プログレ、そして70年代〜80年代のウエストコースト系ロックを愛するパフュメタラー。Sign of the Hammer Be My Guide

  • ライブドアブログ